初めての外壁塗装

外壁塗装についての情報が満載



始めて外壁塗装を行う際には、塗装を行う目的、塗料の種類とその寿命と単価、信頼できる業者の選定方法等の基本をしっかりと事前に押さえておくことが大切です。
単価の安い寿命の短い塗料で、格安の見積もりにつられて後で後悔しない為に、基礎知識を把握しておくことが大切です。
また手抜き工事に合わない事はもとより、塗装前にしっかりとクラック等のメンテナンスが必要な事を理解し、塗装の目的が果たせる施工をしてくれる信頼できる業者の選定が大切なのです。

初めての外壁塗装!知っておきたい基本

初めての外壁塗装!知っておきたい基本 始めて外壁塗装を依頼する際には、事前にいくつかのポイントを知っておくことが大切です。
その一つが塗装を行う目的です。
外壁塗装は外観を綺麗にする事だけが目的ではなく、住宅を雨水から守り、住宅寿命を短命としない為のメンテナンスのリフォームである点です。
また塗料には様々な種類があり、塗料種によってその寿命が異なり、寿命が長い塗料ほど単価が高いと言う傾向があります。
従って寿命のコストパフォーマンスの良い塗料を選んだり、自分の考え方に合致する塗料を選ぶ事が大切です。
さらに、外壁塗装工事は比較的費用の掛かるメンテナンスのリームであり、知識と塗装スキルが高く、信頼できる業者を選定する事が大切です。
大手リフォーム会社経由で依頼する場合と地元密着で評判の良い業者に依頼する場合の、メリット・デメリットについても理解した上で、業者選定する事も重要です。

定期的な作業が推奨される外壁塗装は建物を長持ちさせる効果があります

定期的な作業が推奨される外壁塗装は建物を長持ちさせる効果があります 住宅の外壁の種類により違いはありますが、サイディングやモルタル、木材や漆喰などを利用している住宅では、定期的な外壁塗装は非常に重要と考えられます。
アルミ製など金属を使ったサイディングの場合は、上に塗られている塗料が剥がれても住宅には影響を及ばさないのではと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。
この点においては、正しい判断とは言えないことがあり、アルミサイディングでも継ぎ目部分が沢山あり、1枚の金属板で作られているものではありません。
外壁塗装を施工する差には、塗料により少しの隙間を埋める役割と、下地調整を行うので破損している箇所の修理も行えます。
水漏れを阻止するシーリングも用いていることが一般的なので、シーリングも新しく施工し直す作業工程も外壁塗装には含まれているので、結果的に壁から壁の内部、室内側に雨漏りや浸水を起こしてしまう問題から建物を守ることができます。
完全に傷んでいて破損個所が沢山あるような建物の場合は、下地調整に大きなお金が掛かってしまう可能性が高くなる中、定期的に外壁塗装を行うことにより、結果的に建物を長持ちさせることが可能になります。
一軒家だけではなくアパートやマンションでも同様に、クラック部分からの浸水を防げることには長持ちをさせたい方やオーナーの方にとっては欠かせない施工と考えられます。

外壁塗装の方法を考えることも大切なポイント

建物が長持ちするように、メンテナンスをしっかりと考えていくことは重要な課題であり、外壁塗装の方法に注目することも必要です。
一階建ての小さなガレージの場合、錆び付いているところをきちんとケアしていくことで、十分に長持ちする住まいに変えていくことができます。
DIYを進める方も多く、ホームページで塗料を購入することもできるため、自分で作業を進めることにより費用を抑えていくことにつながります。
注意点として、高さのある所での作業は、大けがにつながるため、プロに任せることが必要です。
外壁塗装の方法は、まず足場を組むなど、しっかりと準備を進めていくことが求められます。
事前に準備が必要になる分、料金が高くなる可能性があります。
しかし、業者の比較を進めた結果、できるだけ費用を抑えて作業を進めてくれる業者を見つける事が可能です。
比較に力を入れることで、安心感を持ってプロに外壁塗装を依頼することができるようになります。

外壁塗装で迷ったときは業者に提案してもらうことも可能です 

外壁塗装を行うとき、迷いやすいのが塗料の選び方です。
塗料にはさまざまな種類がありますが、費用も異なりますし耐久性も違います。
さらに塗料はカラーバリエーションが豊富ですから、選ぶことに時間がかかって迷って決められないということが起こってしまいます。
その際には外壁塗装を行う業者に提案をしてもらうという方法があり、これまで数多くの外壁塗装を行う実績をもっていますから、家の雰囲気に合わせた色選びの他に周囲との相性を考えたものを提案してくれるからです。
一度塗り替えてしまうと頻繁に塗り替えをするものではないので、仕上がった色が気に入らなかった場合でもずっと不満が残ってしまうことがあります。
そうならないようにアドバイスを求めることで、自分が求めている色選びをすることが可能です。
業者によってはカラーシミュレーションを行う設備を整えているところもあるので、塗る前に完成予想図を見て想像できるところもあります。

外壁塗装をする前にカビは完全に落とすことは重要です

外壁塗装は住宅を守る上では欠かせないリフォームになり、専門会社に任せることで綺麗な外壁を取り戻すことができます。
多くの専門会社で当然の工程として行っていることは、外壁塗装をする前には外壁を綺麗に洗浄する作業があります。
通常では高圧洗浄機を用いて洗う方法ですが、カビが繁殖している部分は高圧洗浄機では対応することができないものなので、手作業にて除去することが行われ、非常に重要な作業になります。
この作業を怠ってしまうと新しく外壁塗装をしたとしても、塗料の下にカビがあることで繁殖を続けてしまい、短期間で浮き上がってしまう恐れがあるので、完璧な洗浄が求められます。
施主が事前に自ら洗剤を使って落とす方法でも問題はありませんが、外壁塗装を専門会社に任せる場合は、別料金が発生するような内容ではないので、そのままの状態で全てをお任せすることは決して間違いではありません。
プロ用の洗剤というものがあるので、意外と簡単な作業で済ませられるのではないでしょうか。

ひび割れで外壁塗装を行う際の下地調整とは?

外壁塗装を行う目安には、外壁を指先で触れたときに白い粉が付着したときに実施する、コーキングの?れなどの劣化を目安にする、汚れや薄れなどの際に行うなどがあります。
他にも、外壁表面にひび割れが生じたときに外壁塗装を行うなどの目安もありますが、いずれの場合も塗装前に外壁表面そのものをきれいな状態に補修を行う下地調整は欠かすことができない作業です。
下地調整は、塗料を塗る前に行われる一連の作業で高圧洗浄やコーキングの打ち直し、ひび割れが生じている場合にはそれを補修するなどの作業です。
仮に、これらの下地調整をせずに塗料を塗ると塗膜は外壁に定着しているように見えても時間の経過とともに塗膜そのものにひびが入ることもありますし、塗膜の一部の剥離が生じることもあるためしっかり下地を作るための作業は欠かせません。
なお、外壁にひびが入ることをクラックなどと呼びますが、これは主に吹き付けなどで外壁を作っている場合に起こりやすい現象です。

外壁塗装を施すのに最も適切な時期はいつ?

今や工事の技術も高くなり、外壁塗装は1年中できます。
とは言え、四季それぞれの気候もあるので時期を見てリフォームすれば安心ではあります。
やはり雨量の多い梅雨時期や台風シーズンは、塗装が進みません。
工期が予定よりも長引くことでストレスが溜まる可能性があります。
また湿気を含むので、技術面の低い業者の場合仕上がりが悪くなるといった問題が生じるケースも見られます。
春先も雨が多いので、気を付けましょう。
カラッと晴れた夏場は、大工さんは暑くて大変ですが外壁塗装をするのには問題なく良い季節です。
ただ、住人にとっては塗料の匂いで窓を開けられないので、ずっとクーラーを付けていることになり光熱費がかさみます。
真冬の工事は、雪の多いエリアでなければそれほど心配することはありません。空気も乾燥していて、塗料も乾きやすく綺麗に仕上がります。
寒いので、大工さんにあたたかい飲み物の差し入れを出してあげるなどの気遣いをしたいものです。

外壁塗装で重要なポイントになる職人の技術力

外壁塗装は、技術力の高さが大切です。
職人の技術力が低いと一つひとつの作業を丁寧に進めず、完成度の高さにも影響してしまいます。
完成度の低い外壁塗装は、仕上がりが悪く見た目に納得できません。
ムラがあったりして見た目が悪いので、失敗作と言っても過言ではないでしょう。
また綺麗に作業をしていないと、建物を保護する役割も失われてしまいます。
外壁塗装は見た目だけではなく建物を保護する役割もあるため、寿命を延ばすことができないのは大問題です。
このように問題だらけの外壁塗装をしてしまうと、建物の資産価値も低下します。
資産価値が低下すると将来さまざまな不利を受けるので、依頼する業者を選ぶときにしっかりと確認しておかなければいけません。
たとえば実際に施工した建物をチェックして職人のレベルを確認したり、写真などで確かめるのも良いでしょう。
他にも営業年数などを調べて、信頼できる業者かどうか確認してから決めてください。

外壁塗装費かかる費用は前もってきちんと見積もりを

新築当時は輝きを放っていた家も年月が経つにつれてどんどん汚れてきます。
特に、外壁は雨風などの影響を受けて汚れたりカビやコケが発生したり、時にはブロックやコンクリート塀にひび割れが生じることがありえます。
そんな時には、あきらめてしまうのではなく思い切って外壁塗装業者に依頼して綺麗な状態にしてもらいましょう。
外壁塗装を行うことでたいへん綺麗な状態になります。
しかし、いきなり業者に工事を依頼するのは危険ですのでまずは費用を明確にするために見積もりを取ってもらうことが重要です。
費用の中には、外壁塗装費だけではなく足場組立・解体費・人件費など諸経費もきちんと含まれているかなども確認することは大切です。
加えて、工事にかかる日数などもどのくらいか事前にはっきりさせておくことも重要と言えるでしょう。
見積もりを出していないと、塗装が終わった後で「こんなにかかるとは思っていなかった」とトラブルになりかねません。

外壁塗装をするときには情報収集がポイント

外壁塗装は情報収集をすることで、よりコストパフォーマンスが上がります。
住宅を新築した場合、サイディングの外壁では10年程度で劣化してくるのでつなぎ目の補修や塗装が必要になってくるのが実情です。
外壁塗装は、業者が多いので時には営業をかけてくるところもありますがすぐに契約をせずにいくつか見積もりを取るのがポイントです。

外壁塗装は10年を目安に行うことになりますので、そのくらいの期間機能や効果が長持ちする必要があります。
業者によって保証の内容が違いますので、比較をしてアフターフォローがしっかりしているところを選ぶのがポイントです。
近所で塗装をした家があれば情報収集をするのもいいですし、ネットで口コミを探すのもお勧めです。
悪い口コミがあるところは、その理由についても情報を集めると安心です。
値段が高いところは何故高いのか、逆に安すぎるところはどのような内容なのかいくつか見積もりを取ることでその内訳がわかります。

自宅の外壁塗装を依頼する際の見積もりについて

自宅の外壁塗装を検討しはじめて見積もりを取るのは良いが、適正価格がどのくらいか、他の業者と比較したほうが良いのかなど、持ち家の方は人生一度はぶつかる壁でしょう。
特に決まったお得意先などの業者が無ければ、3社ほど見積もってもらうことをおすすめします。
業者によって使用する塗料の種類や単価、面積や保証年数、サービスなどで金額が異なりますので、業者選びの判断材料となります。
基本的に外壁塗装の料金は、塗装する面積に塗料の単価をかけて算出される金額が適正な費用となるので、掛ける部分の数字が大きくなっている業者は注意が必要です。
また、見積もり書には、材料や足場の場所、養生の有無などを含めて、素人目に見ても明瞭に分かるように記載されている業者は料金に対しても良心的であり、作業も丁寧で安心してお任せできるような信頼できる業者が多く見受けられます。
外壁塗装の依頼を検討されている方は、業者任せにせずに、自分たちでもしっかりと見極めることが重要です。

外壁塗装するときのデメリットはしっかりと把握しておく

外壁が汚れた場合、外壁塗装することになりますが、当然外壁塗装にもデメリットがあります。
それは、出費が大きくなることです。
基本的にどれぐらいの出費になるかは、塗料の品質や家の大きさによっても異なるところです。
一般的な住宅を例にとると、2階建ての床面積が100平米前後の住宅だった場合、外壁塗装にかかる金額は1,000,000円程度と言われています。
塗料に関しては、標準的なものを用いたことが大前提です。1,200,000円位になるケースもありますが、これは比較的高級な塗料を用いた場合になります。
一体何が違うかと言えば、耐久度合いが全く異なると言うことです。普通は10年から15年程度しか長持ちしませんが、高級なものを利用すると、これが20年位長持ちする可能性があります。
このように考えると、ある意味においてデメリットとも言えますがしっかりとした根拠があり支払うものであれば、それほど問題がないといえます。

外壁塗装の年数はどれぐらい長持ちするものなのか

外壁塗装をするかどうか決める場合ですが、前回塗装した場合どれぐらい長持ちするかと言う年数をしておかなければいけません。
新築住宅を建築した場合であっても、外壁塗装の状態までは見ていないケースも多いです。
例えば、新築住宅の建築が自分たちで行ったわけではない場合も考えられるでしょう。建て売り住宅の場合もそうですが、注文住宅の場合であっても中古住宅で購入した場合は前回に外壁塗装をした状態までは分かりません。
このような場合、普通は一般的によく利用されているものを利用しているケースが多くなるわけです。
そうすると、15年位と考えておいた方が良いかもしれません。もちろん20年ぐらい経過しても問題ないケースがありますが、かなり汚れてしまう可能性があるだけでなく、雨漏り等が発生する可能性があります。
それ故、概ね15年周期位で定期的に塗装をするのが良いです。前によっては20年を過ぎても問題ありませんが、何かと問題が多くなります。

外壁塗装のトレンドやおすすめの色の使い方

外壁塗装もその時代のトレンドもあり、最近は全面的に暗い感じのシックな配色の家が流行してます。
暗い色だと単一で使ったときに違和感があり、全体的に使う場合でも明るさのグラデーションをつけるとお洒落になります。
部屋を広く見せたいときは上に向かい、グラデーションを使うと室内が明るく感じられるのでおすすめです。
リビングだと座る場所に暗い色のソファーなどのアイテムを置くのも流行っていますが、下にあると部屋の重心が下がるような安定したイメージになって落ち着く空間に出来ます。
全体が真っ白なデザインでも床・ラグを暗めにするとゆったりした気になれます。
外壁塗装の塗料の種類は増えていて、絶対使ってはいけない色はなくて生活そのものがファッションの一部と考えが強まっているので好きな色を入れるのもいいです。
ただ、風呂場・キッチンなど水回りに青色・水色を使うの避けた方がよく、昔は水は青系というイメージが強くよく使われてましたが、寒色系は涼しいと感じる色で体感温度を下げる効果があり、高齢者が住んでいる住宅だと風呂場で使うのはよくありません。

意外と知らない外壁塗装の役割とは何でしょう

外壁塗装と言えば建物が古くなったり汚れてしまった時に新築時のようなきれいな外観を求めたり、見かけのイメージチェンジをしたい時に依頼すると考える方が多いのではないでしょうか。
もちろん、この考えは正しいです。けれども、この際に外壁塗装の役割を知っておくと作業をしていただく前の業者さんとの意見交換の場で、お任せではなくご自身の意見を言うことで不要な出費あるいは何が必要なのかをハッキリと提示することが可能となるでしょう。
例えば、外壁塗装の役割は建物の外壁を日光の紫外線や酸性雨などのダメージから守っていることが挙げられます。
機能の付いていない塗料ですと、劣化の速さに差がつきます。
また、排気ガスやPM2.5の影響で汚れた際の掃除をするのは手間がかかってしまうため、汚れがつきにくく自然の雨である程度の汚れが落ちるというものもあります。
さらに、室内で快適に生活できるよう高温多湿や冬の寒さ対策もできる環境に応じたタイプもありますので、外壁塗装を検討している方は、予備知識を持つことが賢明です。

外壁塗装を依頼するなら優良な会社が良い理由

最近は塗装をする人が増えてきていますが、この上の場所をする場合どこの会社を選ぶかはとても重要になります。
当然ながら優良なところが良いといえます。会社選びの重要な理由は言うまでもなく、その仕上がりの状態によって随分と状況が異なるからです。
例えば、いい加減な会社に依頼した場合外壁塗装自体をもう一度やり直さなければいけないケースがあります。
壁紙等がはがれるような事はあまりないかもしれませんが、ひび割れ等が起こりやすくなります。
しかも厄介なことに、外壁塗装をしてからすぐに結果が出るのではなく、数年経過してから結果が出ることが多いです。
塗装の1部がはがれると言うケースも、2年から3年ぐらい行って起こりえますので、その間にその会社が倒産している可能性を否定できません。
倒産していなくても、どこかに逃げてしまっている可能性もあるわけです。
どちらかと言えば倒産している可能性の方が高いでしょう。
何故かと言えば、そのようないい加減な会社は口コミ自体も悪く、口コミで情報を得る最近の人には受けないからです。

外壁塗装は耐久性を十分に考慮して選ぶのが良い

外壁塗装を行う場合には、できるだけ安い金額で済ませたいと考えることも少なくありません。
実際に非常に安い価格で作業を行ってくれる会社もあり、実際に見た目には非常に美しく仕上がるため、得をしたと思ってしまうことも多いものです。
しかしほとんどの場合にはその耐用年数が短く、すぐにまた外壁塗装工事を行わなければならないことになってしまう場合が多いので注意が必要です。
この場合にはすぐにまた費用がかかることになるため、結果的には出費が大きくなってしまいます。
外壁塗装の耐久性は塗料の性質と作業の内容により決まるものであるため、一般的にはその年数が長いほど工事費用も高額となります。一時的に出費が高額となるのですが、高い耐久性を持っていることから長期間新たな工事を起こなくて済み、結果的には得をしたと感じることも少なくありません。
外壁塗装を行う際にはこれらの要素を十分に比較し、総合的な機関の金額を十分に意識した上で。選ぶことがポイントです。

外壁塗装で注意しなければならない塗料の色彩

外壁塗装工事で悩むことの一つが色選び、これは耐用年数が長いシリコンやフッ素樹脂などの塗料を使うと塗装した色彩の住宅に長く住み続けることになる、このようなことからも慎重に考えなければならない部分です。
アクリル系の場合は、5年前後が耐用年数といわれていますのでその都度塗り替えを楽しめるメリットがありますが、それでも思っていたものと色味が違っているとこんなはずではなかった、後悔することもあるわけです。
外壁塗装の色を選ぶときもっと注意すべきポイントは、面積効果と呼ばれるものです。
全く同じ色でも面積の大きさにより色の見え方が異なることを意味していて、一般的に小さな面積では暗く見えて大きな面積では明るく見えます。
暗く見えるということは低明度に感じる、明るく見えるということは明度と彩度が高く感じられるなどの意味になります。
カラーサンプルは小さなサイズになり、実際に外壁塗装する部分は大きな面積になるので少し濃いめの色を選ぶことをおすすめします。

外壁塗装で見た目をコンクリート風に仕上げる方法

外壁塗装を行うタイミングで、見栄えをコンクリート風にしたいと考える方は、対応している塗装会社に依頼をすることが必要とされます。
普通にグレー系の塗料を塗った場合では、希望する風合いを出すことができないので、デザイン塗装に対応している会社であれば問題なく希望を叶えることができます。
この場合の外壁塗装の流れでは、足場を組んで下地調整や養生、下塗り作業などは必須ですが、その後はベースになるグレー塗料をエアガンで塗り広げ、乾燥させた後には敢えてムラを作り出す色違いのグレー塗料を使う方法で完成度の高い外壁になります。
現在では塗料メーカーの中には塗装をするとコンクリート風になる塗料も販売されています。
この塗料も色違いで複数のパターンがあるので、希望によって選ぶことができますが、価格は高くなることが一般的です。
そのためデザイン塗装会社に問い合わせをする際に、どちらの方法が良いのか、料金面も含んで質問することで最適化できます。

外壁塗装をお得に行うための補助金制度について

外壁塗装は、優れた塗料を使うと耐用年数が長くなり、住宅の環境にもよりますが15年前後の耐久性を維持できるといわれています。
ただ、耐用年数が長くなることで外壁塗装の材料費が高額になるなど、予算に合うものを選ぶのが現状といえましょう。外壁塗装に利用するペンキは、一般塗料と機能性塗料の2種類がありますが、機能性塗料の一つに断熱・遮熱機能を持つタイプがあり、これを使った場合は補助金が適用されるといわれています。
この制度は必ず利用できるとは限りませんし、制度を利用するためには事前に申し込みを行うことが自治体が認定している塗装会社を利用するなどの条件もあります。
断熱や遮熱機能は、室内の温度を一定に保つことができるメリットがあること、エアコンの冷房温度を下げずに済む、冬場は温度を上げずに済むので電気代を節約する効果にも繋がりますし、電気量が減ることで地球温暖化の防止にも貢献できる、このような理由から補助金が利用できるわけです。

外壁塗装で実際に合ったトラブル事例について

家の外壁は年月とともにどんどん汚れてしまいますし塗装もはがれてきます。
ですから、定期的に外壁塗装をしてきれいな状態にしておくことをお勧めいたします。
外壁塗装をすることが外観を美しくするだけではなく、ヒビや割れなども補修しますので安全に生活することが可能です。
しかし、時として外壁塗装の際にトラブルが発生してしまうというケースが多いようです。
例えば実際に合ったトラブル事例として、自分たちが塗装会社に伝えた色を実際に完成した外壁の色が大幅に異なるというケースがあります。
このような事態を避けるためには、いろを注文する際に「明るい黄色」「さわやかな水色」というあいまいな言い方ではなく色見本できちんと色を選ぶことです。
ほかの事例として近所の人からクレームが来た、という事例です。工事を行う前にはご近所の方には「ご迷惑をおかけします」と、一言挨拶をするなら、お互いに気持ちよく過ごすことが出来ますので是非一言いうようにしましょう。

もっと外壁塗装情報を知りたい

埼玉 外壁塗装

新着情報

◎2023/11/15

情報を追加しました。


>外壁塗装は耐久性を十分に考慮して選ぶのが良い
>外壁塗装で注意しなければならない塗料の色彩
>外壁塗装で見た目をコンクリート風に仕上げる方法
>外壁塗装をお得に行うための補助金制度について
>外壁塗装で実際に合ったトラブル事例について

◎2023/1/16

情報を追加しました。


>外壁塗装するときのデメリットはしっかりと把握しておく
>外壁塗装の年数はどれぐらい長持ちするものなのか
>外壁塗装のトレンドやおすすめの色の使い方
>意外と知らない外壁塗装の役割とは何でしょう
>外壁塗装を依頼するなら優良な会社が良い理由

◎2022/3/22

情報を更新しました。
>外壁塗装を施すのに最も適切な時期はいつ?
>外壁塗装で重要なポイントになる職人の技術力
>外壁塗装費かかる費用は前もってきちんと見積もりを
>外壁塗装をするときには情報収集がポイント
>自宅の外壁塗装を依頼する際の見積もりについて

◎2021/1/14

相場をよく確認しておく必要がある
の情報を更新しました。

◎2020/10/8

塗装を成功させる打ち合わせ
の情報を更新しました。

◎2020/8/11

外壁塗装でよくあるトラブル
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 基本」
に関連するツイート
Twitter

本日の新着職人・工事会社のご案内です↓ 【工事会社】千翔【千葉県】 基本日給: 未記入 業種:とび・土工、電気、塗装、内装仕上 一言アピール:千葉県で主にプラント工事、リフォーム工事…

返信先:基本的にはいいイメージですよー まぁ塗装なんかを変えようと提案したら却下された過去はありますけどw

変わるモノで、僕は基本が薄く吹き重ねるので、割と薄め液多めの薄く溶いた感じだし、例えば銀とかパール・下地の色を活かして塗る時は薄めだし、逆にその下地の塗装ではそこまで薄め無かったりとかそんな感じだなぁと。以前その筋の方には「それは薄め過ぎ」と言われた事がありましたけど、

さて…これで基本塗装は終わりだ。 さいごに待ち受けるのは、トップコートのみ…!

丸2日かけて基本塗装すませた 仮組みするまで不安だったけど、組み立てたら想像以上によくて浄化された まだ部分塗装とかスミ入れとかあるからがんばろ